コンテンツ評論 テレビ番組評

「#なつぞら」 舞台は東京へ

2019/06/16

なつぞらの1シーン
朝ドラこと連続テレビ小説もなんと100作目だ。
100作目のヒロインとなるのは、広瀬すず。
舞台は北海道十勝地方と、東京。
ヒロインは北海道の牧場で育ち、黎明期のまだ漫画映画と呼ばれていたアニメーションの世界に飛び込む。
昨日で北海道編はいちおう幕を閉じ、ヒロイン奥原なつは東京での新しい生活を今日からはじめた。

やはり、ロケが多い朝ドラは爽やかだ。
時代が終戦直後の昭和21年から始まっているから、都会でのロケはほぼ不可能だが、北海道の原野ならロケ地は豊富だ。
ヒロインが育てられる家は牧場を営んでいるから、馬や馬車に乗るシーンもある。
まるで「大草原の小さな家」のようなシーンもみられる。

ストーリーに目を向けると、逆にその豊かなロケシーンが災いしてか、ヒロインがアニメーターを志すまでの動機の熟成がさほど感じられなかったのはちょっと残念に思えた。
しかし、それほど気になることではない。
若いうちはちょっとしたことで志が形作られることはよくある。

やはり広瀬すずの演技は達者だ。
弱冠20歳だが、すでに主演経験も豊富で安定感が半端ない。
令和随一の美少女女優ではあるが、容姿だけでここまで来たわけではないことを感じさせる。

何よりその豊かな表現力にはハッとさせられることが多い。
表情も台詞も、主人公の心の動きをストレートに伝えてくる。

表情だけでもなつの思っていることがわかるから、台詞を与えずただアップの表情だけのショットも多い。
顔がキレイなだけではなく、全身で表現できる女優だ。

とりあえず、ああだこうだいいながら、主人公の軌跡を見守っていたい、と思う。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,