コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「ミックス。」をみた

ガッキーこと新垣結衣主演の卓球映画。地上波初放映だが、録画して翌朝視聴。

ガッキーのスポーツ選手役というのは初めてみたかも。長身でスレンダーなボディなので似合うことは似合う。

卓球選手の母に厳しく卓球の腕を鍛えられたが、母亡き後は卓球から15年離れていた主人公多満子。
卓球選手の恋人に振られ涙にくれて帰省したが、母の遺した卓球クラブで卓球を楽しむ人々と出会う。
特に、家族を失った元プロボクサーのハギと出会ったことで、元カレを見返すために卓球の選手権にミックス(男女混合ダブルス)で挑むことになる、というのがあらすじ。

古沢良太脚本なので期待したが、ストーリーはよくある感じ。
フラワー卓球クラブに集う人々の群像劇というには軽すぎ、主人公のロマンスにフォーカスするには浅すぎる。

でも、ガッキーのさまざまな表情を楽しむにはちょうどいい映画。

やっぱり、髪の短いガッキーは最高。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , ,