コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「藁の盾」をみた

藁の楯 わらのたて(通常版)  [DVD]
SPを主人公としたサスペンス。SPといえば要人警護だが、本作では殺人犯を護送する任務につく。
その殺人犯が幼女を暴行殺害した男で、しかも幼女の祖父である大金持ちがこの犯人に10億円の賞金をかけている。犯人を殺害した者には、誰でも10億円を与える。未遂でも1億円を与える。

賞金のかかった殺害犯を福岡から東京の警視庁まで護送するチームめがけて、多くの人間が押し寄せる。
未遂でも1億円の賞金が手に入る。しかも相手は殺しても良心に恥じることのなさそうな、人間の屑。

「モラル」ということを考えさせる作品だ。

主人公のSPは「もっとも危険なのは、訓練されて武器も持った相手だ」という。その言葉どおり、警察官までもが賞金目当てに犯人を殺そうとする。もちろん、トラック運転手から看護師まで、一般人もだ。

はて、日本人のモラルってそんなものだったかな? と思う。こいつを殺したら大金が手に入る、といわれて本当に殺そうとする人間ははたして何%いるだろう? 殺しても露見しないのならまだしも、条件としては殺人罪で有罪判決を受けること、となっているのだ。

最初は航空機での護送の予定だったが、誰も信じられなくなった護送チームは結局陸路を選ぶ。そして、案の定護送チーム内に大金持ちサイドに通じている者がいることがわかり、どこに移動しても場所が公開されてしまう。賞金目当ての襲撃者との戦闘や、内通者の発覚で、徐々に護送チームも減っていき、最後に残るのは大沢たかお演じる主人公SPのみ。

そして主人公は警視庁まで犯人を連行するのだが、その動機もまた職業的な「モラル」だ。

賞金目当てに犯人を殺そうとしたり、内通したりする人間たちがそうする動機は明らかにされない。たぶん、それぞれに金を必要とする事情があるのだろうが、そこはわからない。それだけに、犯人を憎みながらも仕事としての護送を遂行しようとする主人公だけが浮いてしまっている。

たとえば、襲撃してくる者ひとりひとりの金を必要とする事情を描き込んだら、印象はどう変わったのだろう、と思わせる作品だった。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , ,