ネットとコンテンツの関係論

Apple iTV出現にみる視聴姿勢

2010/12/21

Appleが来年にiTVと称する製品を登場させるらしい。

リンクした記事ではセットトップボックスと表現されているが、要するにテレビとコンピュータ(Mac)をリンクさせる装置である。

YouTubeなどのコマ切れ動画は別として、映画のような長時間のコンテンツを視聴させるには、やはりコンピュータの画面はつらい。よほど座り心地のよい椅子でもあれば別だが、デスクに向かって2時間以上の動画を見る気には、私はならない。やはり、ソファなどにふんぞり返って、時には横になった姿勢で、見るためにはリビング(あるいはパーソナルルーム)のテレビが一番なのだ。

だからダウンロードにせよ、ストリーミングにせよ、映画的なコンテンツをネットワークで視聴させるには、テレビに接続するセットトップボックス的な装置は不可欠だと思っていた。

今回、AppleがiTVを予告したのも、iTunes Storeで(米国内にかぎってだが)映画コンテンツのダウンロード販売を開始するための、布石といえる。従来、将来的な製品登場を予告することはほとんどしてこなかったAppleにしては珍しい戦略であるが、リビングのテレビと、デスク上のMacをリンクすることが、Appleの戦略として重要だと判断したからこそ、従来にない予告発表に踏み切ったのだろう。

他のメーカーがこれをどう受け止めているか、興味深いところだ。

-ネットとコンテンツの関係論
-,