コンテンツ評論 テレビ番組評

「これは経費で落ちません」をみた

これは経費で落ちませんの一場面

多部未華子主演のお仕事ドラマ。

石けんメーカーの経理部で働くOLの物語である。
経理というと裏方部署というイメージが強いが、会社のカネを一手に扱っているだけに、企業ドラマの素材としては面白いということを再認識した。

単純に経費の不正使用を暴くだけのドラマではない。カネ、経費を題材にさまざまな人生が描き出されている、秀作だ。

それにしても、多部未華子が演じる主人公はやや変人チックである。
もっと自然体の女性でいいのに。

思い出されるのは前クールの「わたし、定時で帰ります」だ。
いずれもアラサーの会社員女性を描いているのだが、「わた定」が吉高由里子に当て書きしたかと思わせるくらい自然体の演技だった。

コミカルさを演出するためかもしれないが、普通でいいと思うよ。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,