平成徒然草

テレビ界再編もあるかも

2010/12/08

テレビ局が軒並み減収減益になっているらしい。
ひとつには民放テレビ局のビジネスモデルが破綻しつつあるということがいえるのだろう。

で、ビジネスモデルのマイナーチェンジに向かって試行錯誤が進んでいるらしい。
たとえば、ドラマの登場人物の着た衣装と同じコーディネートが通販で買える、といった試みはいくつか聞かれる。

でも、さらに経営が厳しくなった場合、キー局の再編というのがあるのではないかと思う。

たとえば、現在テレビ東京系を除いて4系統あるキー局が2系統くらいに合併再編される、という可能性だ。
これは要するに視聴率の低下を食い止める策だ。さらに言えば、制作コストの限りない低下に歯止めをかける意味もあるだろう。

では余った2系統の電波はどう使うのかということになるが、これは低視聴率に耐えうる低コスト体質の局となる。

すぐ考えられるのが、再放送や映画の専門局だ。新たなコンテンツを制作するのではなく、これまでのさまざまなコンテンツの再利用で乗りきる。

現在CATVなどで展開されている通販専門局もありうるだろう。

しかし、すべては民放ビジネスモデルの崩壊までの時間稼ぎという気がする。

-平成徒然草
-