コンテンツ評論 テレビ番組評

「#あまちゃん: おら的ユイぶつ論~その3」

■ユイが適応したコミュニティ
そして、実際アキが東京に去ってから、ユイは変身を繰り返す。物語上はアキが主人公なので、この時期のユイについては断片的にしか描かれていないのだが、おおむねはこういう経過を辿ったはず。

献身的に父親の介護をする高校生 → (母親失踪後) 引きこもり → ヤンキー → (ヤンキースタイルのまま)リアスのアルバイト → 見習い海女 → (格好的に) 元のお嬢様スタイルに戻る → (震災後、スタイルはそのまま) 妙に諦観した物静かさ → (腹黒ユイちゃん復活後)  潮騒のメモリーズZ & ミス北鉄

格好と内心が少しずつズレているあたりがご愛敬だが、これはその時々の環境に適応していった結果だと考えられないだろうか?

2010年夏、ユイが海女になる、と聞いて「じぇじぇじぇ」と驚いたのはアキだけではなく視聴者も同じだったと思う。これは物語上はアキの北三陸でのポジションを奪うことで、アキの退路を断ち東京での芸能活動に専念させる、といった効果をもたらす。しかし一方では、ユイがそれまで傍観していたリアス・海女クラブコミュニティに取り込まれ、そこに適応していった結果だと考えると、理解できる。

では、その前段階、なぜユイはヤンキー化したのか?

(Next : ユイ、ヤンキー化の謎 )

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , , ,

ページ: 1 2 3