映像文化を語ってみる

ピグマリオン

2010/12/12


いきなり美女の写真で驚いたかもしれないが、これがCGだと言われたらもっと驚くことだろう。だが、そうなのだ。

Gizmode Japanの「精巧すぎるCG」によると、

信じがたいかもしれませんが、これ、CGです。写真じゃありません。

CGの作者はインドネシア人のアーティストMax Edwin Wahyudi。モデルは韓国の有名女優ソン・ヘギョ。使用したソフトはPixelogic Zbruchと、アニメーションのモデリング用にAutodesk 3DS Maxだそうです。

ちなみにこの作者のWebサイトにはもっと大きな画像が置いてあるが、それを見てもまだ信じられない。髪の毛の先のほうを見ると、かろうじて実写ではなさそうなことがわかる。だが、顔を見ている限りでは、どう見ても写真そのものだ。

サイトには作成方法のチュートリアルも載っているので、CGクリエーター諸氏はぜひ参考にされたらいいと思う。

ただし、これがあまりにも似ているのはやはり静止画だからだろうと思う。モーションキャプチャーを使おうが何しようが、今はまだ動き付きで実写と見間違うようなCGは作れない。……と思う。

-映像文化を語ってみる
-