映像文化を語ってみる

条件不利地域

2010/12/12

「西正が贈るメディア情報」より
http://officen.blog.shinobi.jp/Entry/106/

 本日も某所で講演をさせて戴いたが、旬なテーマとしては、IP方式による地上波再送信のことを採り上げることになる。「どうして、IPの話が出てきたのでしたっけ?」という流れから入れば、必ず2011年にアナログを止めた時にデジタル波が届かない「条件不利地域」なるものが出来るから、「そこをカバーするための補完的な手段として」となる。

なんだって? 

2011年になってもデジタル地上波が届かない地域が出るので、それをIP再送信でカバーするんだって?

だったら、最初から電波を使うのをやめて、全部IPでやればよかったんじゃないのか?

それか、2011年を遅らせて、デジタル地上波が届かない地域が日本からなくなるまで、アナログを停めないようにすべきじゃないのか?

最初からスケジュールありき、結論ありきで進む電波行政。
誰も間違っていると声をあげないことのほうが怖い。

-映像文化を語ってみる
-