平成徒然草

Amazon Echo dotとスマート家電コントローラを買った

ラトック RS-WFIREX3

Amazon Echo dotを買ったのは、昨年末だった。

もうすっかりお馴染みだと思うが、いわゆる「Alexa」を積んだスマートスピーカー。
Amazonプライム会員だと、4000円だというからちょっと面白いかと思って買ったのだ。

ただまぁ、声で操作する体験も、ひとしきり遊ぶと飽きてしまった。

朝、目を覚まして「アレクサ、何時?」と聞くと時計を見なくても時間を答えてくれる。
それがちょっと便利なだけ。あとは適当に音楽でもかけさせるとか。

天気予報とか、今日のニュースはどっちかというと声よりも文字で知らせてほしい。

それで、ちょっとスマートホームめいたことをするために、「スマート家電コントローラ」なるものを買った。
メーカーはラトック。型番はRS-WFIREX3というものだ。

これは別にAlexa専用ではない。スマホやタブレットにアプリをインストールして、そこから赤外線リモコンに対応している家電をコントロールできる。それに加えてAlexaからもコントロールができるということである。

寝室で赤外線リモコンに対応している電気製品は、シーリングライト、エアコン、テレビ、CATVチューナー、メディアプレイヤーとある。いちおうそれらは、登録した。最近の製品だと、リストから選択するだけで登録できる。しかし、うちのテレビは東芝レグザなのだが、旧型なのかリストになかった。ただ、それでも汎用製品として登録はできるし、学習型リモコンとして記憶させることもできる。

しかし、この製品は写真でごらんのような形状だ。平たく置くと、自分自身より低い位置にある家電製品はコントロールできない。
こういう製品は壁掛けにするのが一番だと思うのだが、製品自体に壁掛け用の穴はなく、壁掛け用のフックのようなものも付属しない。なんとか、家の中にあったもので壁掛け用のホルダーを自作して、壁に取付けた。

付属といえば、こいつの電源はUSBから取るのだが、USBケーブルは付属しているもののACアダプタはついてなかった。今時、USBのACアダプタなんか家の中のどこかに転がっていそうだが、つけといてほしかったな。

肝心のAlexa対応だが、Alexaでコントロールできるのは照明2台、テレビ1台、エアコン1台のみだ。うちの寝室には赤外線リモコンに対応している照明は1台しかないから、照明、テレビ、エアコンをそれぞれAlexaからコントロールできるように設定した。

たとえば「アレクサ、家電リモコンでテレビをつけて」とか「アレクサ、家電リモコンを開いて」といった後で「暖房を20℃でつけて」といった操作ができるようになった。

しかし、Alexaはしょっちゅう聞き間違うし、対応がおかしいことも多々ある。それではたして便利になったかというと、?である。

 

-平成徒然草
-, ,