コンテンツ評論 テレビ番組評

「植木等とのぼせもん」をみた

もちろん、植木等やクレージーキャッツのことは知っている。
テレビで見た記憶もある。

しかし、どうもピンと来ない。私が見ていた植木等はもう全盛期を過ぎていたし、クレージーキャッツもグループとしての活動より個人の活動が目立っていた時期だった。要するに、世代的に少し遅れていたのだろう。ドリフターズなどならピンと来るのだが。

植木等と、その付き人兼運転手だった後の小松政夫の師弟関係を描いたドラマ。小松政夫はもちろんよく知っているのだが、植木等との関係は今回はじめて知った。

植木等を演じているのは、山本耕史。植木等は、演じていた芸とは違って、真面目な男だったという評判は聞いたことがある。その点、山本はうまく演じているのだろう。芸のコピーもなかなか素晴らしい。だが、なぜかその面白さが伝わってこない。往時の植木等をよく知っている人なら、うまくイメージがつながるのだろうが、このドラマではじめて植木等のことを知った人はどう感じただろう?

小松政夫を演じているのは若手俳優の志尊淳だが、こちらは小松の面影もない。劇中小松政夫の芸を演じる部分もあったのだが、その面白さは全然伝わらない。もっとも、このドラマには小松政夫自身が出演していて、オープニングでは例の淀川長治のモノマネなども披露しているので、それで察しろ、ということだろうか。

それにしても、昭和ばやりである。他にも「ひよっこ」や「トットちゃん」など昭和ドラマが数多い。植木等の全盛期を懐かしく思い出す年代といえばそこそこの高齢者だろう。テレビはもう高齢者のものになってしまったのだろうか。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,