平成徒然草

ELECOM M-HT1URBK "HUGE" を買った

最近、ふたたびトラックボールの新製品が発売されるようになってきて、トラックボーラーとしては嬉しい限り。

そんな中で一番気になっていたエレコムの人差し指・中指操作型大玉トラックボール、通称"HUGE"の値段が下がってきた(Amazonで5千円を切った)ので、買ってみた。

ある意味、私が長年常用してきたMicrosoftのTrackball Explorer(MSTE)の後継としての期待がある。

というのは、ご存じのとおりトラックボールには、親指でボールを転がす型と、人差し指・中指でボールを転がす型の2系統が存在する。この"HUGE"はMSTEと同じく後者で、しかも大玉なのだ。一般にボールが大きいほど細かい操作はやりやすい。

"HUGE"というのは、巨大な、というような意味だが、たしかに大きい。MSTEと比べると縦は同じくらいだが、横幅をとる。しかし、指を置いてみたところ、ポジションはほとんど同じで、これはMSTEを理想としてきた私にはありがたい。ひとつ気になるのは、左クリックボタンの幅が狭く、ホームポジションで親指にホイールがひっかかること。しかし、これは慣れだと思う。操作に支障はない。

手をのせてみたところ、今までにないくらいしっくり来る。右クリックボタンの位置がMSTEとは違って薬指で押す位置にあるのだが、これも慣れだと思う。

さらに、"HUGE"にはMSTEより数多くのボタンがあり、これらにはアプリケーションごとに機能をアサインできる(別途、「エレコムマウスアシスタント」というソフトのインストールが必要)。編集ソフトなどでは、よく使う機能を割り当てることができそうで便利だ。

まだ買ったばかりで使いこなすに至っていないが、好感触なのでもう一個買ってオフィスの操作系を統一してもいい感じだ。

-平成徒然草
-