コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「バクマン。」をみた

CMでみていた時から「グラフィック使いの面白い映画だな」と思っていた。
だけど、それだけだった気がする。

少年ジャンプを舞台に、漫画家になろうとする二人の高校生を主人公にした物語。
マンガの世界をスポーツ的に描こうとした、という感じだろうか?

マンガ週刊誌の世界となると、どうしても「重版出来」というドラマを思い出してしまう。

あちらは連ドラこちらは映画ということで、コンテンツ時間が全然違うのだが、その分どうしても薄く感じてしまった。

主人公が漫画家だから、当然勝負は作品の出来ということになる。
ところが、どういう漫画を描いているのかがわかりにくい。
これは創作家を主人公にした物語の総体的な欠点。

主人公たちが描いているマンガの中に入り込んで演じるような表現方法はなかったのか。

アンケートで順位が上がった下がったという「勝負」にもやや興ざめな感じは、ある。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , , ,