平成徒然草

Kensington Slimblade Trackballを入手した

久しぶりに新しいトラックボールを買った。

Kensington Slimblade Trackballは、新品を買うと1万円~1万1千円だが、ヤフオクだと中古を5千円程度で入手できる。(トラックボールは買ってはみるものの、使ってみて慣れないために手放す人が多く、そのためオークション価格は低めだ)それが、たまたま3千円台で落札できた。

トラックボールには大玉タイプとそうではないタイプがあるのだが、これは完全に大玉タイプ。やはり、操作性では大玉タイプが一番だ。かねてから愛用のMS Trackball Explorerよりも玉が大きい。ただ、場所をとることと、手のひらの置き場がない。

普通に手を乗せると玉に人差し指、中指、薬指の三本がかかる。この状態はTrackball Explorerと同じで、そのため操作感には一瞬で慣れた。(右手専用タイプのTrackball Explorerに対して、Slimbladeは左右対象タイプで角度の違和感はある)

慣れないのはボタン。玉を取り囲むように4つのボタンが配置されている。左下が左クリック、右下が右クリック、左上が中央クリックにデフォルトで設定されている。(Kensington Trackball Worksというドライバを入れる必要はある)。これに加えて、右上にブラウザの「戻る」ボタンをアサインした。ブラウザの場合「戻る」がほとんどなので、「進む」は画面上のボタンでかまわない。

問題は右クリックがやりにくい。小指で押す格好になるのだが、普通に置いた小指の状態を動かさなければ押せない。中央クリックはWindowsではあまり使わないので右上に右クリックをアサインしたほうが使いやすいかもしれない。

面白いのは、ブラウザのページスクロール。玉そのものを左右にひねる。まるでジョグダイヤルのようにブラウザ画面が上下にスクロールする。カリカリという音もして、ジョグダイヤルそのものだ。Trackball Explorerのようなスクロールダイヤルはないのだが、これで十分操れる。

さまざま入手したトラックボールのうちで、Slimbladeがもっとも慣れるのが早かった気がする。これならもうひとつ買って、他のマシンでも使ってみてもいいかもしれない。

-平成徒然草
-