コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「清須会議」をみた

三谷幸喜が原作・脚本・監督を手がけた歴史もの映画。

織田信長が本能寺の変で殺された後、織田家の跡目を誰に相続させるか、を決める評定を描く。

三谷だけに、ところどころコメディ色が強いが、れっきとした歴史映画。

2013年の作品だが、同じ三谷が脚本の昨年の大河「真田丸」と近い時代を扱っているのに、一部出演者がダブるのでイメージを払拭するのに苦労する。たとえば本作では大泉洋が秀吉、小日向文世が丹羽長秀なのだが、「真田丸」では小日向が秀吉だったのだ。こりゃ混乱する。

群像的にさまざまな武将たちが登場するが、やっぱり大泉洋が演じる秀吉が一番印象に残る。へらへらしていながら、権謀術数を使って己の野望の実現に燃えている。

織田家の家臣の中では末席のほうながら、信長の後継として天下人に成り上がった秀吉だから、こういうギラギラしたものを抱えていたのだろう。

「…会議」という題名だから、評定シーンばかりかと思ったら、けっこう裏での暗躍も描かれている。

「真田丸」でも感じたが、よく知られた歴史の一幕を三谷なりに再構成してみようという視点が強い。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , , , , ,