コンテンツ評論 テレビ番組評

「増山超能力師事務所」をみた

2017/03/27

読売テレビ制作の深夜ドラマ。ココリコの田中直樹がお笑いなしで主演をつとめている。

超能力者の存在が公に認められている世界。「超能力師」という資格があり、主人公たちはひとつの超能力師事務所に集う超能力師たち。

世界観は面白いのだが、結局主人公たちは超能力を持った探偵であり、超能力師事務所といっても普通の探偵事務所とそんなに変わらない。素行調査やペットの捜索などを請け負っている。超能力もたまに地味~に使われる程度。

だけど、作中に登場する超能力からすると、別に探偵事務所みたいな仕事ばかりを請け負わなくてもいいような気がするのだが。チラっと出てくるエピソードで、就職面接の場に同席してテレパシーで応募者の心中を透視するような仕事があることもわかっている。そうした仕事のほうが超能力師らしいのではないか。

 

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,