プロ野球雑感

2016金本阪神を振り返る

kanemoto2016

金本監督は最終戦後「チームを低迷させたこと」をファンに詫びた。

金本知憲を監督に擁した一年目、2016年の阪神タイガースはセ・リーグ4位。
負け越し(いわゆる借金)は12という成績に終わった。
それまでAクラスを定位置としていたチームとしては不本意だろう。

もっともこれは金本だけの責任に帰すことはできない。
主な沈滞要因は主力(たとえばゴメス、鳥谷、藤浪、岩田など)の不振である。

その一方で、今年は若手の台頭が目立った。

打者では北條、そしてルーキーの高山が終盤ほぼスタメンに定着した。原口は、腰の状態を考慮してか捕手としての出場は毎試合とはいかないようだが、出た試合ではきっちり結果を残している。彼らは昨年までほぼ一軍にいなかった選手たちであり、新戦力だ。

投手ではなんといっても10勝をあげた岩貞、そしてルーキーの青柳が先発に名乗りを上げたことも大きい。

若い選手たちが活躍すると、ワクワクする。こうした若い選手たちを起用してくれたこと。これについては金本監督の功績であると素直に讃えたい。

その一方で、金本監督に関してはメディアを通じたコメントで選手にダメ出しをすることも多く、選手の意識を沈滞させることを意に介していない様子もみられた。これは、ひとつのチームを預かる監督として、組織の統率者として、ダメな点である。

そもそも野球の場合、監督は「チーム・マネージャー」である。スポーツ新聞はよく「指揮官」という言葉を使うが、どちらかといえば「管理者」なわけだ。その最大の役割は、身体・技術・精神のすべての面において、選手が最高のコンディションで試合に臨めるようにすることだ。

阪神はこのチーム・マネジメントにおいて劣っており、それが毎年のように秋口に失速する原因だと思われる。

若い選手を引き上げた一方で主力に大幅な不振を招いたことは、選手個々の原因もあるだろうが、マネジメントの失敗ともいえる。

金本監督は最終戦後のコメントでチーム低迷をファンに詫びたが、「こんなはずじゃなかった」と本心では思っているだろう。主力が最低限昨年まで同様の活躍をしてくれたら、優勝はないにしてもAクラスを逃すことはなかったと思っているに違いない。

チームを再構成しながら、高い成績を出すことは難しい。おそらく来季もそんなに強いチームではないと思う。つい補強戦力に頼ってしまいたくなるが、そこはぐっと堪えて、5年後、10年後も強いチームづくりをめざしてほしいものだ。

 

-プロ野球雑感
-,