平成徒然草

キーボード入力はJISかなですがなにか?

N811_kuragaridehikarukey_TP_V気になった記事。

いまだに「かな入力」してる人って、どんな人? 「タイピングの速さを求めるなら」という意見もあるけど 

角川アスキー総研が2015年に実施した調査によると、ローマ字入力が93.1%を占めたそうです。

JISかな入力をしている人は、わずか5.1%。確かに私の周りでも、かな入力をしている人は見たことがありません。

少数派ですいません。私もPCのキーボード入力はJISかなです。ですがそれがなにか?

ただし、モバイル端末の場合はローマ字入力になる。というか、あまりにもかな入力が非実用的なのでそうならざるをえない。

スマホなどでは片手入力ができる携帯フリック方式の入力にしているが、タブレットは(私はAndroid派なのだがiPadも持ってる)Google日本語入力を使っていて、Qwerty配列でローマ字入力にしている。Qwertyのかな入力がないので、仕方がない。

PCの場合は、タッチタイピング(ブラインドタッチというのは差別用語だそうだ。要するにキーボードから目を離して画面だけ見てタイプすること)はかな入力しかできない。ローマ字を入力する必要がある時は自然にキーボードに目がいく。

上記記事でも触れられているが、かな入力は入力速度が速い。一文字を入力するのにワンタッチですむからだ。ローマ字だと母音以外はツータッチになる。私のタッチタイピングは、そこそこ早いぞ。

タイピングが早いという他に、日本語で文字を思い浮かべて入力しているので、脳内変換をしなくてもすむということがある。たとえば「ビデオ」という語は英語では「video」だが、ローマ字だと「bideo」になる。最近のIMEは賢いので、英語を入力しても変換してくれたりするが、あえて「ヴィデオ」などという表現をすることもあるので、一瞬指が迷う。

要するに、思考→タイピングの速度が速くて、それが気持ちいいからいまだにPCではかな漢字変換で入力している。それが一番思ったことを文字にしやすいからだ。

パーソナルコンピュータなのだから、入力方式もパーソナルでいいだろう。「みんながやってるから」で右にならうのが日本人の悪いクセだ。

しかし、昔OASYSなどで「親指シフトキーボード」を使っていた人たちは今はどうしているのだろうな?

-平成徒然草
-, , ,