平成徒然草

東京という「柔らかい下腹」

PAK86_sanshinekaraskytree1145_TP_V東京都知事に小池百合子氏が当選されたようで、まあおめでとうございます。といっても大阪在住の私にとってはどうでもいい話である。せいぜい途中で辞職を余儀なくされないようにがんばっていただきたい。

昨日夕方のことであるが、Twitterを覗いていると「東京地方に震度7の地震が起きるという速報があったが、これ誤報か?」というツイートがたくさん見られた。

「首都圏に震度7」緊急地震速報を誤報 落雷が原因? (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

 気象庁は1日午後5時9分ごろ、東京湾を震源とするマグニチュード9以上の地震が発生したとする誤った緊急地震速報を発表した。東京23区や神奈川、千葉、埼玉の各県で震度7以上、茨城、群馬の両県で震度6強以上の揺れを予測したが揺れは観測されず、取り消した。

これが本当だったら大変である。第二次関東大震災だ。震度7といえば首都壊滅か、そこまでは行かなくとも機能不全に陥ることは必至。

誤報でよかった。今朝のニュースでは落雷で観測にノイズが入ったことが原因と伝えられていた。

経済学者の池田信夫氏は以前から「東京一極集中の何が悪い」という論を展開している。

東京一極集中はよくないの? – アゴラ

「地方消滅」なんか恐れる必要はありません。江戸時代以前は、山間部や豪雪地帯に人は住んでいなかったのです。これから大事なのは人口を大都市に集中させ、効率的なインフラ投資をすることです。(…)

今後のグローバル経済は、国よりもこういう都市間の競争になるので、東京都知事の役割はとても大事です。むしろもっと東京一極集中が必要なのです

もし、極限まで東京一極集中した時代に、誤報であったような第二次関東大震災が起こったら、それこそ日本全体が機能不全でストップしてしまうんじゃないかな。

私がもし北朝鮮(という名前を出すのはまずいか。核保有国X国としよう)の独裁者であったとして、日本を核攻撃しようと考えたらターゲットはひとつしかない。
東京の中心部、皇居あたりを目標として全核ミサイルをあちこちからぶち込む。もちろん、高度な防衛技術が発動されて多くのミサイルは途中で撃ち落とされるのかもしれないが、空中を飛んでいるものを100%とらえるほど技術は成熟していないだろう。

一発でも東京中心部に落とせれば、それで日本は終わる。国会会期中を狙えば、全国会議員がそこにいる。官僚もおおかたはここにいる。日本を代表するような大企業もほぼ東京都23区内にヘッドオフィスを持っている。東京は日本にとって柔らかい下腹、急所なのだ。

そう考えれば、東京都知事の役割は大きいな。だからこそ東京からの分散化を都知事の立場ですすめてほしい。そういえば小池氏は元防衛大臣だっけ。

-平成徒然草
-, ,