コンテンツ評論 映画・DVD評(洋画)

「オデッセイ」をみた

オデッセイ久しぶりに映画館に出かけてきた。スターウォーズの「フォースの覚醒」とどちらを見るか迷ったのだが、同じ宇宙ものでも、こちらのほうが面白そうだったので。

火星探査隊を突然砂嵐が襲い、隊員ひとりが吹き飛ばされる。死亡したものとみなされ、他の隊員たちは地球への帰途についてしまうのだが、実は生きていた。

次の有人探査機が火星を訪れるのは4年後、地球と交信する手段もなく、食糧も足りない。という状況下でこの隊員ワトニーは、専門の植物学の知識を生かして生き抜くための孤独な戦いをはじめる。

しかし、「火星でひとりぼっち」という状況下で、ワトニーはなぜこうも平静でいられるのだろう。ふつう自暴自棄になったり、狂気に走ったりしないものだろうか? 取り残されたという状況を確認するなり、彼は絶望に浸ることもなく、どうすれば生き抜けるか冷静に考え始めるのだ。

その個人的な動機はどこにあるのだろう? 映画ではこういうときよく、家族の写真を取りだして生きる動機を見せたりするのだが、ワトニーは独身なのかそういうこともない。

しかし、彼がずば抜けて好運であることはいえる。かなり絶望的な状況に陥っても、必ず彼自身を含む誰かがその解決策を出してくるのだ。火星人や怪獣が襲ってくることもなく、なぜか常に前向きを保っていられる精神力もたいしたものだ。

ひとつ疑問がある。彼は植物学者だというが、植物の存在しない火星で彼のミッションは何だったんだろう?

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(洋画)
-, , ,