コンテンツ評論 テレビ番組評

「コウノドリ」をみた

kounodori産科医を主人公とした連続ドラマ。

連ドラはネタがかぶる、ということがあって今季は「デザイナーベイビー」と本作が産婦人科の病院を舞台とする点でかぶっていた。ただし、あちらは舞台はそうでも刑事を主人公とするサスペンス。こちらは、本格派の医療現場ドラマである。

とはいっても、外科医が主人公の医療ドラマとはちがう。スーパードクターがいかにして手術の腕前で患者の命を救うかというように、医者が中心に居るのではなくて、中心にいるのはあくまで妊婦(と出産後の父母)ある。

出産というものはそれじたいが生と死の接点であり、さまざまなドラマがそこにはある。
このドラマではあくまでも医者はそれを見守る存在として描かれている。医者がどんなに凄腕であっても、救えない命があることに目を背けない。また、出産が済めば万歳ではなく、その後には子育ての現実が待ち受けているところまで描く。きれいごとでまとめないドラマだった。

産科医である主人公を演じるのは、綾野剛。物静かで患者に親身になる産科医にはふさわしい演技だったかと思う。マンガ原作ものだからこの主人公には、天涯孤独の身で養護施設育ちだったり、天才的ピアニストの一面を持っているという設定もあるのだが。

そんな主人公を取り巻くキャストたちも、新人産科医役に松岡茉優、ベテラン助産師役に吉田羊など、私のお気に入り女優たちも出演している。さらに、若手・中堅の女優さんたちが妊婦役で入れ替わり立ち替わり登場するという、出演者の面でも楽しませてくれたドラマだった。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,