コンテンツ評論 テレビ番組評

「釣りバカ日誌~新入社員浜崎伝助~」をみた

news_xlarge_tsuribaka_nishidatoshiyuki_20150907_22釣りバカ日誌が帰って来た。

もちろん、映画でスーさんを演じた三國連太郎は亡くなったので、そのままというわけにはいかない。キャスト一新。

ハマちゃんこと浜崎伝助の新入社員時代を描くという趣向で、スーさん役に誰が来るのかと思わせたが、なんと映画のハマちゃんこと西田敏行を引っ張り出した。

というわけで、これは映画の「釣りバカ日誌シリーズ」とはパラレルワールドみたいな関係ととらまえたらいいだろう。
Twitterでは、「どうしても西田敏行がハマちゃんにしか見えない」という声もあったが、回が進んでいくにつれておさまった。このドラマの西田敏行はスーさんだし、映画のハマちゃんとは別人だ。

キャスト的には、映画版ではハマちゃんの妻であった、みち子を演じた広瀬アリスもグッドだ。もちろんドラマではまだ結婚をしておらず、ハマちゃんとみち子さんの出会いからが描かれた。ふたりがいつ「合体」するのかが期待されたが、どうも「合体はまたの機会までお預け」ということらしい。これは「またの機会」つまり続篇があるだろうことを示唆してもいる。

何より、テレビに松竹コメディがほぼそのままの形で登場したことが楽しい。最近、コメディタッチのドラマは多いのだが、正面切って笑わせてやろうというコメディドラマはほとんど見かけない。この釣りバカは、なにしろ松竹が制作し、本編の映画も撮っていた朝原雄三監督などが演出する、ホンモノの松竹コメディなのだ。

ぜひ第2シリーズといわず、息の長いシリーズドラマになってほしいものだ。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , , ,