平成徒然草

「K20 怪人二十面相伝」をみた

2010/12/11

二十面相、明智小五郎といったお馴染みの人物が出てくるが、江戸川乱歩の世界ではないらしい。第二次世界大戦が起こらなかったパラレルワールドだそうだ。

間違われて二十面相として指名手配を受けたサーカスの曲芸師が、泥棒としての修行を積んで汚名をそそぐために二十面相を追いつめる、といった話だ。印象としては、最近のハリウッド制作のマーベルコミックス・リメイクものに近い。主人公の使うガジェットには「バットマン」のパクリとしか思えない道具も出てくる。

我々の世代は、子どもの頃に少年向けにリメイクされた二十面相ものをけっこう読んでいる。そういう意味でなつかしさも感じるが、キャラクターの作り方にはズレを感じてしまう。もっとストレートな明智対二十面相ものでもよかったんじゃないか、と思ってしまった。

-平成徒然草
-, , ,