コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「ホットロード」をみた

ホットロード(ポストカード特典付き) [Blu-ray]「あまちゃん」の能年玲奈の「あまちゃん」後最初の主演映画。

もちろん能年が「あまちゃん」とはまったく違う役にどう取り組むか以外の興味はなかったのだが。
あまちゃん流にいえば、「決して演技はうまくはねえ。うまくもねえのにまた見たくなる。最高だ」といったところだろうか?

もともと能年玲奈は未完の大器であって、演技経験もさほどあるわけではない。
それにしては、思春期の少女の不安定さをうまく表現できていたように思う。

大したストーリーはない。しかも古めかしい暴走族が闊歩する話。湘南を舞台に叙情的なシーンで綴られていく。エンディングテーマは尾崎豊。ひとつ間違えば臭くなりそうな映画だ。それをギリギリのところでバランスをとった感じ。

ひとつ文句を言えば、主人公の和希がしゃべりすぎる。口数は決して多くないのだが、台詞と台詞の間に和希のモノローグが入れられていて、彼女の心理を説明的に描写している。わかりやすいといえばわかりやすいのだが、それがうるさい。

能年玲奈は決して台詞まわしはうまくない。彼女の武器は豊かな表情である。しかし、おそらくは監督の意向だろう。和希の表情は抑制的だ。ここは能年の表現力を信頼して、モノローグを抑制的にして、表情で語らせるわけにはいかなかったのだろうか? 私が演出するなら、そうするのだが。

原作の漫画はまったく知らないのだが、想像するに原作の空気はこういうものなのだろう。だが、そこが残念だった。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , ,