平成徒然草

悲劇か喜劇か、今日解散

2010/12/11

ようやく衆議院が解散になった。

考えてみれば、麻生首相というのは最初から最後まで「いつ解散するんだ?」と言われ続けた首相だった。いわば、何をやっても世間の関心は解散にあったという、悲しいというか、可笑しいというか。

考えてみれば、ここ三代の首相というのは、父祖の遺したことに縛られていたんじゃないかなぁ…。まあ、民主党が勝ったとしても、どうせ鳩山由紀夫が首相になるんだから同じなんだが。

-平成徒然草
-