平成徒然草

J:comの無料回線を入れてみた

これがJ:COMネットのモデム。

これがJ:COMネットのモデム。

うちは一応マンションなのだが、共用のテレビアンテナコンセントがついている。
最初は屋上アンテナからの分配だったのだが、これが数年前からJ:COMの無料回線に切り替わった。
マンションのオーナーが費用負担する、ということで地上波・BSは無料だ。

ゴールデンウィークの頃、J:COMから「無料でネットも使えるようになります」というハガキが着ていたのだが、ネットと電話はeo光で満足しているので、スルーしていた。

しかし、そのeo光で先日障害が起こったのだ。

具体的には、eo光のDNSサーバにDDoS攻撃があったらしく、ネットへの接続が遅くなったり、まったくつながらなかったりした。
回線ではなくDNSだとわかったので、DNSをGoogleのパブリックDNSに切り替えるなどしてしのいだのだが、そうした代替策のわからないユーザーは困っただろう。

それで、バックアップ用のネット回線の必要性を痛感した。障害の起こっている最中に、データのやりとりを行う必要があるかもしれないからだ。

なので、あらためてJ:COMに問い合わせて無料のネット工事をお願いしたら、すぐに来てくれた。
具体的には、テレビアンテナの回線を分配し、チューナーとモデムにそれぞれ接続するようにし、無料のモデムを置いてくれただけだ。モデムの配置を変えるかもしれないので少し配線を長めにしてほしい、と工事担当者にお願いしたら、それもしてくれた。

このモデムはそれ自体で認証番号を持っており、PCに直結することもできるしルータを接続することも可能だという。回線速度はeo光より遅くて1Mbpsだ。料金を払えば高速にすることもできるというが、あくまでバックアップ用なのでそれで十分。

電源も入れずにほったらかしてあるが、eo光高機能ルーターの前に使っていたNECのATERM(無線LANルータ)があるのでそれを接続すれば、無線LANも使えるようになる。

何事にもバックアップがあったほうが有利だ。これでまったく無料だというから、ありがたい。

 

-平成徒然草
-,