コンテンツ評論 テレビ番組評

「隠蔽捜査」をみた

主役は杉本哲太と古田新太

主役は杉本哲太と古田新太

今クールのドラマで配役的に一番驚いたのがこのドラマ。どちらもベテランの俳優だが、ゴールデンの連ドラの主役を張るというイメージがまったくない。(笑)

ちなみに古田新太は深夜枠ながら「間違われちゃった男」で連ドラ初主演はすましている。

刑事ドラマだと思ってみはじめた人もいたようだが、実は主人公たちは現場の刑事ではなくて、キャリアの警察官僚である。

特にメインとなる竜崎(杉本)は、ドラマ開始時点では警察庁長官官房にいて、現場とはほとんど接点がないはずだが、なぜかよく現場に出かけていく。エリートで鼻持ちならないタイプだが、その行動には私心というものがまったくない。ひたすら国家のため、自分の仕事に邁進するのみだ。しかも、セクショナリズムや組織防衛といった考え方を嫌い、特に不祥事の隠蔽には強く反対する。

実は原作の第一作(ドラマの1~2話に相当)だけは読んでいて、竜崎のイメージは杉本哲太よりはもうちょっと知性派なイメージだったので違和感があったが、ドラマが進んでいくに従って気にならなくなった。竜崎と幼なじみで、同期のキャリア、現在は警視庁刑事部長をつとめる伊丹を古田新太が演じているが、これはそもそも官僚にも刑事部長にも見えないが。

竜崎は息子の起こした禁止薬物所持の責任をとって降格され、階級(警視長)はそのまま一警察署の署長に異動させられるが、現場に近くなった分、より陣頭指揮をとってさまざまな事件にあたるようになる。最初は反発していた現場の警察官たちも、しだいに竜崎に心酔し、従うようになる。彼に「私心」がまったくなく、職務遂行に一番よい手段を選ぶことが行動原理であることを知ったからだ。

とにかく「オレが責任をとる」というのが竜崎の口癖だ。警察だけでなく、いろんな省庁の官僚たちに聞かせてやりたい。

難を言えば、物語展開のテンポが早すぎた。原作シリーズの5作を全部1クールで消化してしまったのだ。もっとじっくりやっても面白い話だったのに。制作側も、視聴率がとれず、続編の可能性がないことを悟っていたのだろうか。

視聴率が良くなかったようだが、枠の問題もあるだろう。月曜8時に適したドラマではなかった。だってここはもともと水戸黄門枠だもの。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , , ,