コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

妥当な映画料金は1000円

写真と本文は関係ありません

写真と本文は関係ありません

気になった記事。

なるほどね、妥当な映画料金は大体1000円:ガベージニュース

ディムズドライブのネットリサーチは2013年12月4日付で、映画館に係わる調査結果を発表した。その内容によると調査対象母集団では、映画館のチケット料金について過半数の人が「801円から1000円」の区分が妥当であると考えていることが分かった。従来の大人・一般料金である1800円が該当する区分の回答者は2%にも満たない。

あれあれ。これ、過去にこのブログでも書いたことあるよ。

どんな映画でも一律1800円というのはおかしいと思うのだ。
それがまた、上映時間だいたい2時間~3時間という縛りにもつながっている。

新しい映画でなくてもいいから、一度1000円以下で上映して、映画館に来る習慣をつけさせるべきだと思うよ。

あるいは、一度1800円出して見にいった人は、パスポートみたいなのをもらって、以降はもっと安い料金でその映画を見ることができるとか。

映画館で工夫できることは、もっといろいろあると思うのだ。

 

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-, ,