コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「グッモーエビアン」をみた

2013/12/09

グッモーエビアン! [DVD]
最初に白状しておくと「あまちゃん」の能年玲奈が出演しているので、みた。
もっとも、この作品に関しては完全に脇役。

シングルマザー(麻生久美子)と中学三年生の娘がふたりで暮らしている。
そこに海外放浪から2年ぶりに帰ってきた男(大泉洋)。この男は娘の父親ではなく、母親の昔のロックバンド仲間。

母娘と、父親ではない男の奇妙な同居生活。
娘を演じるのは、最近CMなどでもよく見かける三吉彩花。話はほとんど娘を中心に展開していて、麻生と大泉のダブル主演というのが「え?」と思うほどだ。

最初と最後にロックバンドのライブ風景が登場するが、それ以外はほとんどロックも関係ない。進路や普通でない家族に悩む娘の視点で話は進んでいく。なんとなくぬるい家族コメディ。大泉洋のキャラクターがなかったら、破綻していたかも。

で、能年玲奈は娘の友達なのだが、「あまちゃん」のアキよりバカっぽい感じ。驚くのは、三吉彩花より3歳上にもかかわらず、能年のほうが中学生がハマっている。(笑)

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , , ,