コンテンツ評論 テレビ番組評

「#あまちゃん アキと鈴鹿」

2013/12/09

アキは鈴鹿ひろ美にタメ口で話す

アキは鈴鹿ひろ美にタメ口で話す

キーワードは「実像と虚像」。
アキは女優・鈴鹿ひろ美の付き人をつとめながら、鈴鹿にはタメ口で話すようになる。

アキの方言は海女ことばだから、丁寧さはない。方言で話すと自然にタメ口になるのだと思う。アキにとって方言は、相手との心理的な距離を縮める手段だと言える。
(ちなみに関係者の証言によると、宮藤官九郎の脚本には、細かく「ここは訛って」「ここは標準語で」と指定してあるといわれる)

鈴鹿はアキにとって初めて憧れた芸能人だった。映画「潮騒のメモリー」を繰り返しみたアキは初めて会った時鈴鹿に「アンタさ憧れて東京にきました」と言う。アキにとってアイドルを目指すようになった最初のキッカケが春子の歌であったとすると、具体的な目標が生まれたのが鈴鹿の映画だったのだろう。そんな憧れの人との距離が縮まると、自然に方言が出てタメ口になったと思う。

そんなアキを鈴鹿は、拗ねたり怒ったりもしながら、受け入れていく。ちなみに鈴鹿はアキのことをつねに「天野さん」と呼び、(役作りのために同居した映画の撮影期間を除いては)「アキ」とも「アキちゃん」とも呼ばなかった。付き人、後輩というよりは、対等の人間として遇している。

鈴鹿ひろ美は「あまちゃん」の主要人物の中では、唯一出身も本名も明らかにされていない謎の人物である。私生活も、女優になったキッカケも明かしてない。(後に太巻との内縁関係が続いていたことだけが明かされるが)

これは後にアキに言った「あなたは天野アキを演じさせたら日本一よ」という言葉が思い出される。またキスシーンに悩むアキに語った「正直に生きることをやめたの。嘘の世界で(…)このホン(脚本)に書いてあるとおりに生きることにしたの」という言葉も思い出す。

つまり、鈴鹿ひろ美は「虚像に生きる女」としての人生を選んだ。それゆえ、本名を捨て、実像としての自分を出さぬように生きてきたのだ。

それに対してアキは「実像としてしか生きられない女」だということを喝破したのである。アキはまったく違う。演技はできないし、正直に自分の思いをさらけだすしかできない。対照的でありながら、女優になる前の自分になぜか重なる相手だったのだ。

おそらくアキは(たぶん太巻を除いて)はじめて実像としての鈴鹿自身に対して距離を詰めてきた相手だったのだろう。

 

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , , ,