コンテンツ文化論 ネットとコンテンツの関係論

メーカーvs放送業界

週末から話題にのぼっていたニュースなのだが。

新型テレビ巡りパナソニックのCM放映拒否 民放各局  :日本経済新聞

テレビの電源を入れると放送番組とインターネットのサイトなどが画面に一緒に表示されるのは、関係業界で定めた技術ルールに違反するとして、民放各局がパナソニックの新型テレビのCM放映を拒否していることが6日、分かった。

…家電メーカーや放送局でつくる電波産業会の運用規定は、視聴者が番組とネット情報を混同しないような表示方法を推奨。放送局が共同で策定したガイドラインは「テレビ起動時、テレビ映像を画面全体に表示するのが望ましい」と明記している。

これについて、気になった記事。

技術ルールに反する行為? パナソニックテレビ異例のCM拒否 (krmmk3) - BLOGOS(ブロゴス)

いずれも「推奨」、「望ましい」とあるだけです。つまり、「ルール違反」にはなりえません。また、パナソニックテレビの画面も、別にスクリーンの一部分しか何かが映っていないなどいうわけではなく、ちゃんとフルスクリーン表示されているわけですから紛れも無く「テレビ映像を画面全体に表示」しています。単に受信した放送がその一部分としてしか使われていないだけです。これは完全な言いがかりであり、一種の業務妨害行為、威力業務妨害の疑いを掛けられるべきかと思います

いよいよ、メーカー(もはやTVメーカーとはいえないな)対放送業界の「仁義なき戦い」がはじまったか、と思わせる。
大広告主であるパナソニックに、民放各局がよく牙をむいたもんだな。

こんなことでは、スマートテレビなど絶対に普及しませんな。

いっそ、パナソニックは競合メーカーとも話し合って、今後一切テレビCMを放映せず、ネット広告に切り替えることにしてはいかがでしょう?
焦るぞ~。放送業界。

今後の訴訟沙汰が楽しみである。ま、そんなことにはならないか。手打ちするのが日本人の常識だもんね。つまんね。

【追記】
放映を拒否されたCMがこれだという。

ネタもと:【動画あり】テレビ局が放送拒否したスマートビエラCM / 動画サイト YouTube に掲載され大反響「これ凄いわ」 | ロケットニュース24

-コンテンツ文化論, ネットとコンテンツの関係論
-,