コンテンツ評論 テレビ番組評

「雲の階段」をみた


渡辺淳一原作の「メディカル・ラブ・サスペンス」と銘打たれたドラマ。

医師資格を持たない無資格医が、自らの信じる医療をめざしてのし上がる様を、彼を愛する2人の女性の愛憎とからめて描いたドラマである。

とはいえ。

この無資格医、外科医ということになっている。手術なんかもこなす。それも、正規の教育を受けた医師よりうまくやってのけてしまう。

ブラックジャックか!と突っ込みたくなるが、一応ブラックジャックは医師免許はとらなかったが、医学は学んだはずだ。

主人公はもともと一介の事務員として、離島の診療所の所長からすすめられ、医療にたずさわる。
そして、瞬く間に手術までこなすようになってしまうのだ。そんなことがありうるのか?

笑福亭鶴瓶が無資格医を演じた「ディア・ドクター」など、無資格の医師を描いたドラマは少なくない。
また、現実にも無資格医が診療をしていた、という事件なども聞く。
だが、そのほとんどは内科医だ。

診療所の事務員をしているうちに、簡単な診断と投薬を身につけてしまった、というのはわかるが、いかに手先が器用とはいえ、本職の外科医はだしの手術の腕を身につけた、というのはちょっと荒唐無稽ではないかなぁ?

渡辺淳一は本物の医師だから、ありうること、と思って原作に書いたのだろうか?

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, ,