コンテンツ評論 テレビ番組評

「ダブルス~二人の刑事」をみた


いわゆる「コンビ刑事」ものだが、結局何がやりたかったのか、よくわからんドラマだった。

コンビの刑事を演じるのは、坂口憲二と伊藤英明なのだが、このふたりキャラがそう変わらない。特徴的な性格付けもされていないので、役割がよくわからないのだ。

普通、こういったコンビ刑事ものでは、一人が熱血タイプだったら、もう一人は冷静沈着タイプというように、役割を割り振るのが普通だろうと思うのだが、とりあえず坂口と伊藤という、それぞれ主演できる俳優を二人そろえればなんとかなるだろう、という安易な考え方のような気がする。


刑事ドラマとしてもさほど新味はない。脇に、平泉成、杉本哲太、室井滋など、手堅いバイプレーヤーを揃えてはいるが、どこといって特徴のないドラマに終わっていた。

朝ドラ「純と愛」明けで、すぐ夏菜が新人刑事として登場しているが、賛否両論だった「純と愛」のイメージを引きずったため、視聴者に拒否反応が出ているという記事もみた。彼女には非のないことだが、少し間をあけるなどしたほうがよかったんだろうな。

刑事ドラマは、もはややり尽くされた感があるので、新機軸を出すのは本当に難しい。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , , ,