コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「カラスの親指」をみた

2013/06/05

カラスの親指 by rule of CROW's thumb  通常版【DVD】
「あまちゃん」以前の能年玲奈をみたくて借りたDVD。
実は、彼女のショートカットはこの作品の役作りのために切ったものらしい。

阿部寛主演の詐欺師の物語。悲しい過去を背負い、詐欺師として世を送る男を阿部が演じる。

その相方となるのが、村上ショージ。本格的な演技は初めてだろう。辿々しいが、関西弁もボケもなく普通の役者として演じている。

このふたりにからむのが、石原さとみと能年玲奈の姉妹。石原のほうがキャリアも人気も上のはずだが、どちらかというと妹役の能年のほうが前に出ている。さらに、姉の恋人役に小柳友。この5人が、とある悪党に対してコンゲームを仕掛けるわけだ。

能年玲奈は、若くして掏摸として生活する少女。
設定からして、暗くて世を拗ねた性格付けかと思ったのだが、実際には「あまちゃん」のアキにも通じる明るさを持つ役だった。
もちろん、この程度の演技は彼女にとって問題はない。

むしろ村上ショージのたどたどしさが気になった。なぜ彼を起用したのだろう? その意図がよくわからないが、話題性があるのはたしかかもしれない。

ちなみに、詐欺師の話ということで、ストーリーについては詳しく触れないでおこう。
ただ一応、全体をフレーミングするように、もうひとつの詐欺的トリックが仕掛けられていた。
もっとも「スティング」的なものではなく、どっちかというと人情話だ。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , ,