テレビ番組評

伊東美咲ってさ(フジTV系月9ドラマ「危険なアネキ」)

2011/01/07

フジTV系月9ドラマ「危険なアネキ」の第2回を昨日見た。

伊東美咲ってさ、たしかに美人だけど、演技は頼りないね~。
てなこと書くと、美咲ファンに刺されそうだけど。

前作「電車男」のエルメス役の時に痛感したのだが、自分とかけ離れたキャラを演じると、どうも自分自身とまどいがあるのじゃないだろうか。

どうも、本人がおとなしいお嬢様キャラじゃないらしい。
その象徴的なのが、途中でいったん止まる「腰折れセリフ」。

「やっと会えましたね………電車男さん」
てな調子で、途中で止めが入る。

本人はタメているつもりだろうけど、不自然だし、テンポもなくなる。
よく監督がこんな演技OKしたもんだ……というか、たぶん直しようがなかったんだろうけどね。

映画初主演作の「海猫」でも同様の演技があったから、間違いないと思う。

それに比べると「危険なアネキ」は、ずっと自然。
明るい天然系キャラで、たぶん本人のキャラに近いのだろう。
今後はコメディエンヌとしての活躍を期待したい。

悪口に聞こえるといけないから付け加えておくと、私は彼女が嫌いではないので、変な演技をさせているのは、プロデューサーや監督にも問題があると思ってる。

しかし、月9もこんなスラプスティックコメディ的なものを入れてくるとは、大分変わってきたね。

しかし、どこが「危険」なのか、いまだにわからん。もっと破壊的なキャラかと思っていたが…。

-テレビ番組評
-, ,