映像文化を語ってみる

コマーさる君は何を語りかけているのか?

2011/01/07

最近TV画面に出没するキャラクターでコマーさる君というのがある。
ご存じだろうか?
CMのCMキャンペーンというキャンペーンのキャラクターなのだ。

このCMのCMキャンペーン、何が言いたいのか、さっぱりわからない。

テレビCMの魅力をコマーさる君が訴えるのだそうだ。
つまり、テレビCMを見てもらうためのキャンペーンCM
なんか、自己矛盾みたいな気がする。

HDDレコーダーの普及が、CMを絶滅させる、という話がある。
HDDレコーダーを使えば、CMをスキップして視聴することができるから、番組だけ見て、CMをスキップしてしまう。そうすると、CMの放映権料で成り立っている民放は、経営的危機に陥るのだ、と。

そういえば、HDDレコーダーのメーカーに対して、CMスキップ機能は番組の編集権の侵害に当たる、という訴訟を提起した話がありましたな。

ま、それはそれとして。

コマーさる君に魅力をアピールしてもらわなくてはならないテレビCMというのは、どうも自己矛盾に思えて仕方がない。

だいたい、CMというのは、それ自体に魅力があるから見るものじゃないでしょう。
どんなにCMに魅力があると説得されても、私ならそれで見ることはないと思うな。

そろそろ、民放のビジネスモデルを再検討する時期に入っているんじゃないかと思う。

私なら逆に、強制的にCMが入るかわりに、ハイビジョン放送を見られるテレビを無料で配布する。うーむ。採算がとれんか。

-映像文化を語ってみる
-