コンテンツの育て方

「縦書き」にこだわる

2011/01/05

私は映像職人だが、もともとは文章書きからスタートしたニンゲンで、20代の頃は小説を書いていたこともある。

当時はワープロなんて洒落たものはなかったし、パソコンもまだ漢字を扱えなかった。小説は原稿用紙に手書きが当然だった。

ブログをはじめコンピュータの画面では横書きが当然だが、小説は縦書きだ。いや、最近は横書きの小説もあるらしいが。

情報と割り切れば横書きでもそれなりにいいのだが、ある程度没入するコンテンツの場合は縦書きで読みたいのだ。ブログも、ちょっとエッセイ的なものを書くと、読み返していて「縦書きならばなあ」と思うのは私だけだろうか。

ブログで小説を書いてみようか、と思ったことがあるのだが、その時はやはり「縦書きで読んで欲しい」という思いがあった。

で、検索してみた。
縦書きブログ構築サービスというのは存在する。

プレスリリース
で、これがそのサンプルだ。
縦書きブログ「八軒屋南斎」

Movable Typeをベースとしたシステムである。Internet Explorerだとそのまま縦書きになるのだが、FireFoxだと対応していないが、自動的にFlash化してくれるので、そのまま縦書きで読める。

面白いのだが、要するにビジネスブログとかで使いませんか有料で構築しますよ、ということであって、Livedoor Blogなどと同じように個人でちょっと使えるものではないようだ。(値段が書いてないので、恐ろしくて問い合わせる気にならない)

どうも提供会社には、シニア向けには縦書きという意識があるようで、シニア向けコンテンツに、という文字がサイトに見えた。なんでシニアなんだ…。いや私もそろそろシニアかもしれないが。

できれば、縦書きブログのレンタルサービスを開始してほしいものだ。

後、RSSフィードを縦書きで読めるソフトというのも検索してみたが、これも存在しないようだ。こちらの方は、そんなに難しくないと思うんだが。

パソコンの画面は横長
なんだから(最近ワイド化の方向に走っているし)、縦書きで表示した方が読みやすいような気がするんだが、誰か提供してくれませんかねえ。縦書きコンテンツを簡単にインターネットで公開する手段を。

そんなに気にすることはない、という人もいるかも知れないが、インターネット上のコンテンツを豊富にする手段としては、ぜひ縦書きもあってほしいのだ。

-コンテンツの育て方
-