映画・DVD評(邦画)

「レイクサイド・マーダーケース」をみた

2011/01/05

監督:青山真治

Story
東野圭吾原作のミステリー小説を、『ローレライ』の役所広司や薬師丸ひろ子らを迎えて映画化。名門中学受験を控えた3組の家族が、勉強合宿としてある湖畔の別荘を訪れる。そこで思わぬ殺人事件が発生し、彼らはスキ...(詳細こちら


夫(役所)の愛人が、親子合宿に参加した夫の後を追ってきて、妻(薬師丸)に殺害された。

殺人が公になると、子供たちの中学受験に差し支える、という理由で殺人事件自体を隠蔽する計画を打ち明けられた夫(殺人時不在だった)は、渋々ながら他の親たちに加わる…。

しかし、不審に感じた夫の追求によって、嘘のほころびから新たな真相が姿を見せ始める。

という感じで、なんだか2時間ドラマにでもありそうな雰囲気でストーリーははじまる。だが、だんだん重苦しいテーマが顔をもたげてくる。

これはミステリーではあるが、推理ドラマではない。真相究明はストーリーの核心にはない。

テーマは家族、特に親と子の関係についてである。重いね

薬師丸ひろ子が好演。先日みた「ALWAYS~三丁目の夕日~」とはまた違った、お受験に熱心な母親像を抑制のきいた感じの演技で見事に演じきっている。いつの間にこんなうまい役者になったんだろう。

アイドル女優として登場してきた頃のことを覚えているだけに、おたがい歳とったなあ、と実感。

しかし、なんでカタカナで「…マーダーケース」なの。「湖畔殺人事件」じゃ推理ドラマなのはわかるが、原作どおりに「レイクサイド」でよかったような気がするが。

私が夫の立場なら、殺人を打ち明けられた時に即座に警察に電話しているだろうけどなあ。

-映画・DVD評(邦画)
-, ,