ネットとコンテンツの関係論

YouTubeのAudioSwap

2010/12/12

ネタフルNの『YouTubeでサウンドトラックが付けられる「AudioSwap」』によると、

YouTUbeが、アップロードしたビデオにサウンドトラックをつける「AudioSwap」という新機能をリリースしています。

ビデオをパブリッシュした後、自分のビデオのページで「Replace Audio」ボタンをクリックします。YouTubeが提供している音楽を選択し、プレビューして再びパブリッシュするという流れとなっています。

音楽というのは結構悩ましいもので、著作権フリーの音楽素材集などを買えばなんとかなるが、それにも結構費用が発生する。

自作のビデオなどにも著作権のことなどを考えずに市販CDから音楽をつけてしまう人が多い。たぶん、YouTubeとしても著作権団体などからの抗議をかわす意味で、こういう機能を付け加えたものではないかと推測する。

で、どんな音楽がつけられるかというと…、

そう、アーティスト。どれも歌ものなんですね。アーティストにしてみれば良いプロモーションになるということでしょうか。

なるほど、アーチスト側としては、すでに注目度の高いYouTubeをプロモーションのプラットホームとして利用することができるということか。

うーん、簡単すぎる。BGMになんかないかな、と思っていた人は、音声なしのビデオを作ってYouTubeで付けられるので、かなり手軽に使えそうです。けっこうBGMが悩ましい場合ってありますからね。

まだ試していないが、同録音は生きないらしい。
ちゃんとミックスしてくれるといいんだが…。

-ネットとコンテンツの関係論
-