平成徒然草

時代はきっと、ハーフ&ハーフ

2011/01/05

随分前から思っているのだが、21世紀はハーフタイムの時代になるのではないだろうか。
サッカー試合の中間休憩じゃなくて、フルタイムに対応する概念のハーフタイム

20世紀はスペシャリスト、専門家が重視される時代だった。
仕事はひとつが原則だったし、掛け持ちは中途半端とおとしめられた。
その結果が、仕事人間や会社人間の大量生産。
世紀末に至って、その歪みがクローズアップされてきたような気がする。

21世紀はその反動もあって「多様性」が価値の中心に躍り出るだろう。
一人の人間にいくつもの側面があることが当たり前の時代。

メーカーに勤務しながら、個人としてはネットショップを運営する。
…というようなことは当たり前になるだろう。
副業ではなく、ダブル主業。

そうなると、時間の使い方も多様になる。
SOHOやフレックスタイム、モバイルでは間に合わなくなってくる。

週休三日制の会社があるといい、と思っている。
週に四日会社で働く。
贅沢はできずとも、なんとか生計は維持できる程度の収入が得られる。
問題はあとの三日をどう使うか。
これは個人の自由
に委ねられる。

さらに収入を得るために別の職業を持つことも可能だ。
たとえば週三日だけ開く店。
パートナーがもひとりいれば、合わせて週に六日営業できる。

ネット関係の仕事をするにも、たっぷり時間をとれる。
会社の給料を越える収入を得られるかも知れない。

趣味や旅行に活用するのもいい。
三日あれば、それなりの旅行ができる。
見聞を広めるのも、自分への投資だ。

創作活動に打ち込むのもいいだろう。
週に三日あると、兼業作家もだいぶ増えるような気がする。

ボランティア活動をする人もいるだろう。
週末しか活動できないというより、幅が広がることは間違いない。
もしくは一日を休養に当てることで、継続的な活動が可能になる。

三日間、都市から田舎に移動して農業をする人もいると思う。
過疎地の自治体や住民が、田畑や住処を提供してくれる。

余暇にそれらの営為をするのではなく、どちらも自分にとって主要と信じる人たち。そんな人たちが増えていくと思う。

時代はきっと、ハーフ&ハーフ

どっちがメインで、どっちがサブということのない時代が花咲くと思う。

そろそろ映像職人も、映像職人兼○○と名乗る方がよいのかも。現在○○に当たることばを考え中。

どなたか、経営者で週休三日制を打ち出す方はいないですか?
従業員の視野が広がるというメリットもありますよ。

-平成徒然草
-