コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

逆転

ギター気になった記事。

1600億円 -音楽業界でまさかの「逆転現象」発生中(プレジデントオンライン) - 経済 - livedoor ニュース

いま音楽業界では「逆転現象」が起こりつつある。右肩下がりの音楽ソフト(CD・DVD等)市場とは逆に、コンサート事業の売り上げが2004年の900億円に対し、11年には1600億円と上がり続けているのだ。今泉氏は「以前は、CDを売るためのプロモーションの一環として、収益度外視で全国ツアー等の興行を打っていました。しかし、近年は公演回数を増やし、会場限定グッズに力を入れたりと、コンサートそのもので収益を得ようとしています。CDとコンサートの逆転現象が起こりつつある」と分析する。これは単純に音楽業界全体の縮小ということではないようだ

これは音楽コンテンツ(コンサートなど生演奏を除く、録音・録画されたコンテンツ)が無料化の一途を辿っている、ということだろうか。

最近解散や活動休止して久しいバンド、音楽ユニットの復活が目立つ。

そういうことだったのか!?

もはや、音楽コンテンツはどこにでもあふれており、音楽を聴くだけなら無料でできるようになった。
しかし、ライブ、コンサートに参加するのは、これは音楽だけではない、ナマの体験だから、そこにシフトしているということだろうか?

これは音楽家、ミュージシャンにとっていいことなのだろうか? それとも?

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-,