コンテンツ評論 テレビ番組評

「ゴーイング・マイホーム」をみた

是枝裕和監督の連続ドラマ。

阿部寛演じるCMプロデューサーと、山口智子演じるフードスタイリストの業界人夫婦を中心とした、一風変わったホームドラマという感じ。

なんとなくゆる~いタッチが、気持ち悪いような心地よいような。

主人公の父親の病気、それが知られざる過去を明らかにすることになって、またそれが森に棲むという「クーナ」なる小人の探索につながっていく。

なんというか、これはテレビドラマのタッチじゃないな。映画を連続ドラマでやったらこんな風になる、という感じなのかな。

クーナ探しも、本気なんだか、町おこしなんだか、イベントなんだか、よくわからないままにドラマは終わってしまった。
ちなみに、主人公の夢だか知らないが、ベッドだかソファだかの下にクーナの集団が棲んでいるというシーンはなんだったんだ?

連ドラにようやく復帰した山口智子も、あんまり見るところがない普通のおばさんになってたな。雰囲気は昔のままだが。

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,