コンテンツ評論 テレビ番組評

「ドクターX~外科医大門未知子~」をみた


主演米倉涼子の医療現場ドラマ。

米倉涼子が、大学病院と契約した、フリーランスの外科医を演じる。

その大学病院の体制はまんま「白い巨塔」みたいである。

主人公は、女医ながら手術の腕一本で世間を渡る、スーパー外科医である。
大学病院と期間契約して籍をおくことになるのだが、医局や教授連中とは距離をおき、付き合いや研究の手伝いは一切しない。
私もそうだが、まあ、フリーランスというのは、そういうものではある。

疑問に思うのは、舞台は消化器外科を中心とした外科医局なのだ。
いつ患者が飛び込んでくるかわからない救急救命センターなどとはちがい、治療も手術も計画的にやっているはず。
人手が足りなくてフリーランスの外科医を雇うのはいいとしても、 カンファレンスと手術だけやらせておいて、常駐させる必要はないんじゃないかと思うけど。

むしろ、手術一回いくら、という契約のブラックジャック的なフリーランス外科医のほうが稼げると思うけど、どうしてそうしないのかな?
ま、それだと、軋轢がなさすぎてドラマになりにくいのか。

 

-コンテンツ評論, テレビ番組評
-, , ,