平成徒然草

化けの皮がはがれる

気になったニュース。

維新・太陽合流 「みなさんと一緒に最後のご奉公」石原新代表が決意 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

 17日に大阪市内で開かれた日本維新の会の全体会議で、新代表に就任した石原慎太郎氏は、出席した維新の国会議員、地方議員に対して「みなさんと一緒に最後のご奉公をしようと決心した」と訴えかけた。

すでにわかっていたことだが、維新の化けの皮がはがれた。

維新は、地域政党・大阪維新の会として、関西にだけ候補者を立てるべきだった。
それが「日本維新の会」として、既存の国会議員を受け入れたあたりから、もはやどうしようもないバカ政党の仲間入りをはじめた。

まだしも、橋下徹が「政策が第一。政策の一致しない相手とは連携しない」と言っていたのが救いだったかもしれないが。

政策も理念も違う石原慎太郎を入党させて、代表に据えたとなれば、新たな選挙互助会が出来たという印象しかない。

だいたい、石原は「我欲」の政治家である。東日本大震災にあたって「我欲にまみれた日本に天が試練を与えた」と失言したが、それはよくわかるだろう。ご本人が「我欲」の権化だから。長男の石原伸晃が自民党総裁選に敗れて、総理大臣になれる最後のチャンスと思って都知事を辞任したような輩だ。

日本には、二大政党制はなじまないと思う。理念をはっきりした中小規模の政党が林立して、連合政権を作るかたちが一番日本に合っているのではなかろうか。第三極と呼ばれた中小政党が連合して大政党になれば、それは自民党、民主党の三の舞である。

-平成徒然草
-