コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

工場見学は新しい観光資源になるのか?

工場気になった記事。

Business Media 誠:12月まで満員! グリコの工場見学が盛況 観光資源として県も後押し

 商品の製造過程を観察できる工場見学が人気を呼んでいる。埼玉県内でも菓子製造大手「江崎グリコ」が、東日本最大の製造拠点となる北本工場(北本市中丸)に見学施設「グリコピア・イースト」を今月オープンし、連日、大勢の見学客でにぎわいを見せている。企業側もPRを兼ねて積極的に取り組んでいるほか、県も工場見学を観光資源として生かす方針だ。

工場見学を観光資源に、とは面白い発想だ。

テレビでも「リアルスコープ」などの、工場内の製造工程を見せる番組がはやっているし、これは期待できるのでは?

ただ、できれば江崎グリコのような大企業だけではなく、中小企業との連携を、行政もやっていただきたいものだ。

期待できる要因は、観光と他の産業との連携がはかれる点、県産品のブランド訴求がはかれる点、食品や衣料品などなら土産物としての販売も期待できる点である。

ただ、工場側としては仕事中の現場を覗かれるとしていい顔はしないかもしれないので、そこは根気強く説得をする必要がある。工場内の美化も含めて(たいてい工場内は、あまりきれいなものではなく、それもあって見せることに拒否反応が強い)観光資源化を真剣に考える必要があるだろう。

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-,