テレビ番組評

「月10万円で豊かに暮らせる町&村」(TV東京系)

2011/01/05

私は、もともと田舎暮らし志向がある。
今は都会暮らしだが、いずれどこか田舎で暮らしたいと、以前から思っている。

だからというわけではないが「月10万円で豊かに暮らせる町&村」のレギュラー放送がはじまった時は、正直驚いたものだ。

この番組についてご存知でない方も多いだろうが、番組名がすべてを物語っているから、あまり説明は要しないだろう。

「田舎暮らし」志向を持つ人が相当数いることがあきらかでなかったら、いかにTV東京といえど毎週放送には踏み切れないはず。

この国にかなりの数の「田舎暮らし志向者」がいるということに、この番組が気づかせてくれた。

レギュラー放送がはじまって、この12月で3クールを終えるはず。
よくネタが尽きないものだと感心するとともに、この国にさまざまな田舎暮らしのパターンがあることに驚く。

「10万円で豊かに暮らせる…」という題名どおり、紹介される各家族の支出構成は紹介されているが、私としては収入の構造にもメスを入れてほしいと考えている。

毎週少なくとも三箇所の町か村を紹介する企画だから、もうすでに相当数の町村を紹介している。あるいはネタ切れも近いのかもしれない。
その時には、今まで取材してきた田舎暮らしのパターンをもとに「How to 田舎暮らし」の解明と紹介に取り組んでもらいたいものだ。

ちなみに、今オンエアを見ながら書いてます。今回の特集は南の島。

-テレビ番組評
-, ,