映画・DVD評(邦画)

「花のお江戸の釣りバカ日誌」(フジ系プレミアムステージ)をみた

2011/01/04

「釣りバカ日誌」はわりと好きなシリーズだ。
最近は、三国連太郎と西田敏行の受け答えがほとんど伝統芸のような精妙さで、見ていて安心できる。

しかし、ストーリーとなるとわりと固定化してきて、新味はなくなっている。まあ、長寿シリーズのありがちな傾向ではあるが。

ぽすれんの検索では出なかったので、アマゾンで代用。

花のお江戸の釣りバカ日誌

釣りバカシリーズの番外編で、時代劇版である。

ハマちゃんこと浜崎伝助は長屋に住む素浪人、スーさんこと鈴木一之助は庄内藩の江戸家老。名前はいっしょ。

浜崎伝助が、庄内藩の家老とは知らずに鈴木一之助と釣り場で知り合い、その後庄内藩の新規召し抱えに応募する。浜崎の芸といえば、釣りの他は夜目がきくことくらい。しかし、鈴木家老は浜崎を採用する。かくて、江戸時代版釣りバカの構図が完成する。

ただねえ、時代劇ということで「ハマちゃん、スーさん」の呼吸ではないので、やはりちょっと雰囲気がちがう。マドンナに庄内藩奥女中の黒木瞳、マドンナに惚れるのがこの作品では独身という設定の浜崎であるのも、レギュラーシリーズ作品とは違うところ。

まあ、ちょっと目先を変えてみました、的な番外編でした。

-映画・DVD評(邦画)
-, , , ,