コンテンツの育て方 コンテンツ文化論

日本はインドに抜かれるぞ

インド~的なもの

写真と本文は関係ありません

気になった記事。

インドのアニメ産業、15年には29億米ドル規模に - インド新聞 - 日本語で読むインドニュース

インドのアニメ産業が急速な成長を遂げている。

コンピューター専門学校のセント・アンゲロズ・プロフェッショナル・エジュケーション(SAPE、マハラシュトラ州ムンバイ)によると、現在18億米ドルの市場規模は2015年には29億米ドルに達する見通しだという。

インドか! もともとインドは映画制作の盛んな国だ。IT大国でもある。

インドはカースト制度の国である。カーストによって人々は、それぞれ所属する階級によってできる仕事が事細かに決められている。

しかしカーストは過去の産物なので、ITだ映像だという新しい分野に対する規定がない。従って、実力次第で出世できる抜け道でもあるという。

この分では、アニメ産業でも日本はいずれインドに抜かれてしまうだろう。 なによりも、今のアニメ業界の劣悪な労働条件を考えると、次第にアニメーターのなり手が減るのは目に見えている。

アニメの作画が海外にアウトソーシングされているのはわりと有名な話だが、そのうちインドのアニメを買ってきて日本国内で放映するようになるのかもしれないな。

 

-コンテンツの育て方, コンテンツ文化論
-,