コンテンツ評論 映画・DVD評(洋画)

「ダークナイト」をみた

ダークナイト [DVD]とりあえずDVDへのリンクを貼っておいたが、DVDで見たのではない。

先週日曜日に放映されたのが録画用HDDの肥やしになっていたので見た。
ちなみに初見ではない。たぶんDVDで見たと思うが、このブログには書いてなかった。

ダークナイトというのは、顔をさらさず闇のうちに悪を倒す者のことで、つまりバットマンのことを指す。
その対義語は「ホワイトナイト」。M&Aブームの時に聞いたことのある言葉だ。

恥ずかしい話だが、最初に見た時はダークナイトとは悪のヒーローの意味で、ジョーカーを指す言葉だと思っていた。
それほど、この映画の主人公はジョーカーなのだ。

悪党は自立できるが、ヒーローは悪党がいてはじめてヒーローたりうる。この映画で言えば、バットマンはジョーカーによってヒーローになりえたわけだ。
いわば、悪党がピッチャーで、ヒーローがバッター。ピッチャーが球を投げてこなければ、バッターは何もできない。

その悪党ジョーカーに対して、ダークナイトたるバットマン/ブルース・ウェインと、ホワイトナイトつまり堂々と法のもとに悪を倒すヒーロー、地方検事のハーヴェイ・デントがある時は対立し、またある時は共闘して立ち向かっていく。
だが、デントはジョーカーの手に落ち、恋人を殺され、ふたつの顔を持つ怪人トゥーフェイスへと変貌していくわけだ。

いわば、3つどもえのヒーロー論みたいなものが展開されるのだが…。
ヒーローとは、なんと脆いものなのだろう。

 

 

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(洋画)
-, , ,