コンテンツ評論 映画・DVD評(邦画)

「ステキな金縛り」をみた

ステキな金縛り スタンダード・エディション [DVD]深津絵里主演作品。

コメディエンヌとしてのふかっちゃんの魅力が一杯にちりばめられた作品で、深津絵里ファンのワタクシとしては、たいへん堪能させていただきました。

ふかっちゃんが演じるのは、頼りない弁護士。これが最後のチャンスとある殺人事件の被告の弁護を無理矢理引き受けさせられる。
その被告、殺害時刻にはとある宿屋で金縛り状態で寝ていたとアリバイを主張。落ち武者がまたがっていて身動きができなかったのだという。

その落ち武者の幽霊を承認として法廷に立たせよう、とふかっちゃんの弁護士が画策する。
だが、幽霊が見える人間はごく少数で、 裁判官すら証言を聞くことができない。

落ち武者を演じるのは西田敏行で、好演ではあるが、まあ西田らしい芝居。
「釣りバカ日誌」が終わったいま、こうしたコメディでの西田も貴重である。

落ち武者と弁護士の掛け合いが、なんともおかしく、そこに中井貴一演じる堅物の検事が関わってさらに事態はややこしくも面白くなる。
心霊写真に幽霊が写るのにはポイント制になってる、というあたり実にくすぐりが効いている。もっとも、そのポイント制の詳細は語られずに終わるのだが。

だが、最後のほうで落ち武者が退場して、金縛りもあんまり関係なくなって、殺人事件の真犯人捜しというようなことに焦点が移って行ってしまうのはやや寂しかった。
幽霊裁判がどんどんエスカレートして、そこに落ち武者がからんで、ドタバタで終わってくれたほうが楽しかったような気がする。

-コンテンツ評論, 映画・DVD評(邦画)
-, , , ,